どこで売るべき?|あなたも古書をお得に買取りしてもらいませんか?

あなたも古書をお得に買取りしてもらいませんか?

どこで売るべき?

芝生に座っている男性

実際に古書をどこで買取りしてもらうのか?という話があると思いますが、基本的には本屋やフリーマーケット、あとはオークションなどで売ることが可能です。
では子の中でどれが一番高く買取りをしてもらえるのか?

解答としては「一概にはいえない」ということ。
本の種類もそうですが、売る場所やタイミングなどによって金額はやはり変化してきます。
どんな本でも一律で買取り金額を決めているお店もありますし、フリーマーケットやオークションなどでは喉から手が出るほど欲しがっている人がいれば、意外と思っているより高い金額で売れるかもしれません。
ただしフリーマーケットやオークションとなると買い手がつかない場合は全然古書を手放すことができなかったりするので、どれもメリットとデメリットがあります。

ただあえてここであなたにおすすめするとしたら、古書の買取りは「大手チェーン店以外の本屋さん」がいいと思います。
その理由は、まず大手チェーン店の場合アルバイトでも簡単に査定できるよう、買取りマニュアルがすでに用意されています。
どのような種類の本なのか?そして状態はどうなのか?また流行っていた本かどうかなど、完全にマニュアル化されているわけです。
しかしながら査定基準がすでに決まってしまっていると、そこから外れてしまうような本は全部買取りしてもらうことができない本となってしまいます。
または買取りしてもらえたとしても、基準を外れるとかなり安い値段がつくこともあるのです。

古書というものは必ずしもそのマニュアル通りに決まるものではなく、あらゆる側面から価値が決定されます。
本当の意味で古書の価値を理解しているのは、まぎれもなく大手チェーン店以外の本屋さんだといえるでしょう。